【車椅子の知恵】

車椅子の知恵

高齢者向けの車椅子をレンタルで利用する際の注意点について

要介護の認定を受けた高齢者の多くは自力での歩行が困難なので、車椅子を使用することになります。病院や介護施設では施設の備品を借りて使用することが可能ですが、在宅介護の場合は高齢者の親族が自分で用意する必要があります。車椅子は単価が高額な物が多いため、専門業者からのレンタル品を利用するケースが多数を占めます。車椅子は要介護者の体形に合致した物を選ぶ必要があるので、レンタル品を利用する際は予めサイズを指定することが大切です。また、業者の所有品なので勝手に改造や塗装などを行うことが出来ない点も併せて注意します。高齢者が使用する場合は筋力の低下を防ぐために自力で車輪を動かして移動するタイプを勧められることがありますが、利用する高齢者の意思を尊重して体調を考慮しながら判断することが親族の務めになります。レンタル品のメンテナンスは所有者である業者が行うのが一般的なので、車輪のパンクや部品の欠損などが生じた場合は速やかに連絡して適切な対処を受けることが大切です。

短期間だけ車椅子が必要な場合はレンタルが有効

車椅子が一時的に必要となる場面というものはたくさんあります。例えば、妊娠中で必要になることもありますし、旅行や里帰りをするときだけ利用したいということもありますし、たまにある通院日だけ利用したいというケースもあるかもしれません。このような短期間だけ車椅子を使いたい場合は、レンタルで一時的に利用するという方法があります。料金としては、1日200円から1500円くらいの間でレンタルすることが可能です。また、注文の方法もインターネットで予約をすることができますから、当日にレンタルすることができる車椅子がないということがありません。借りることができる期間としては、1日から中には3か月くらい借りることができるお店もあるので、ある程度借りたいという場合は探してみるとよいでしょう。返却の方法については、いくつか方法があり、直接お店に行って返却する方法や配送業者を指定して送るという方法もありますから、自分にあった返却方法を選択することになります。

『車椅子 レンタル』 最新ツイート

@mad_AUGC

結局新しい主治医のところ、MRIは1ヶ月先まで空いてないし、引っ越しで遠くなったし、レンタル中車椅子はパンク中だし、今年まだMRI撮れてない。しんど。

4時間前 - 2019年05月25日


@crossover_akari

車椅子は高齢者だけの道具ではありません。 どんなのがあるかご存知ですか? 権利収入があれば、家族の怪我や病気の際にも役立ちます。 車いすは足代わり!どんなものを選びますか?|介護の悩みを解決!レンタル・販売のウエルケアレンタルサ… https://t.co/hfESjPPbeJ

5時間前 - 2019年05月25日


@s_uchidaphoto

レンタルの車椅子を昨日交換した。自走訓練が出来ないタイプになってしまった?😭

14時間前 - 2019年05月25日


check


屋形船でお台場を観光する


Last update:2019/3/27


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 車椅子の知恵 ALL RIGHT RESERVED